カードの強制退会という手続き、その言葉の通りクレジットカードを退会(停止)されてしまうこと。強制失効になった場合には当然ですがそうなったクレジットについてはその時点より先はどんなことがあっても使用できなくなります。没収となってしまう事情は多岐に渡る>カードを強制的に没収となってしまう原因は多岐に渡ります。普通は毎日の購入で用いるなど普通にカードを使っている限りでは、読者が強制失効となってしまうケースなどはそうそうありませんので安心してほしいが、没収となる理由について頭の片隅に留めておくということができればクレジットカードを安心して使えるようにもなる考えられるため、この文章ではその実例を取り上げ記述できればと思う。真っ先に言えることはカードの会社に対して信用がなくなるような振る舞いをしてしまうことまたはクレジットカード会社にとって損となりうる対応をしないのならばまず失効などはありえないのではないでしょうか。安全に利用できることが最も大切のため、過去にそのようなことをとってしまった経験がある人は以後何が何でもいい履歴とできるよう注意して頂きたく思います。クレジットカードの請求金額を支払いしない:こういったものもう言うまでもないお話でありますがクレカで使った請求をクレジット会社に返さない料金の踏み倒しをする、もしくは常に借入生活によって費用の弁済が滞るなどという場合は必ず強制失効という扱いになってしまうようになります。もともとはカード発行会社は契約者のことを信用しているからこそクレカを契約させているのですから弁済しない場合はそれまでの信用性は崩れ去ってしまうことになります。このような理由からクレジットを利用できなくするという手段で以降の被害を阻止する対策を講じなければならないので強制失効となるわけだ。