破産申告をする人で持っている債務に対しその保証人を立てている場合には前もって話しておくべきです。ふたたび、強調しておきますが、ほかに保証人を立てている場合は自己破産以前に少し考えておかなければなりません。その理由はみなさんが自己破産をして免除されると保証人となる人が債務をすべて負う必要があるからです。なので、破産申告前に保証人となる人に、今までのおかれた現状を報告しつつ謝罪をしておかなければなりません。これらのことは保証してくれる人の立場からすると当然のことです。借金をしたあなたが破産の手続きをするのが原因でいきなり数百万もの返済義務が発生してしまうのですから。そうなると、その後の保証人である人の選べる道は4つになります。1点目ですが保証人自身が「いっさいを返す」という選択肢です。あなたの保証人が何百万もの借金を問題なく返せる貯金を持っていれば、それが可能になります。ただむしろ自分で自己破産せず保証人自身に立て替えをお願いして、今後はその保証人に月々の返すという解決策もあるのではないでしょうか。もし保証人が破産を検討している人と良いパートナーであるのなら少しは完済までの時間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。たとえ合わせて完済できない場合でも、金融業者も話し合いにより分割支払いに応じてくれるかもしれません。保証人となっている人にも債務整理を行われてしまうと、貸したお金が全然弁済されないことになりかねないからです。保証人がその借金を全部支払う財力がなければ、債務者とまた同様に何らかの債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめは「任意整理」を行う方法です。これは相手方と話し合うことで3〜5年の期間内で完済をめざす方法になっています。弁護士などに依頼するときのかかる費用は債権1件につき4万。合計7社からの負債があれば28万円ほど必要になります。相手方との示談を自分でしてしまうこともできないことはないかもしれませんが、この面での経験や知識がない方の場合債権者があなたにとっては不利な和解案を押してくるので、注意が必要です。ただ、任意整理で処理する場合も保証人となる人にお金を立て替えてもらうことになるわけですから、借りた人は少しずつでも保証人になってくれた人に支払いをしていくべきでしょう。3つめですが保証人も破産した人と同様に「破産する」という選択肢です。その保証人も債権者と同じく破産手続きをすれば、あなたの保証人の借金も消滅します。ただ、もし保証人が戸建て住宅などを所有している場合はその個人財産を失ってしまいますし税理士等の職についている場合などは影響を受けます。そのような場合、個人再生という制度を活用するといいでしょう。最後の方法の4つめの手段は「個人再生をする」ことです。戸建て住宅などを残したまま債務の整理を望む場合や、破産では制限がかかる職業にたずさわっている場合に検討していただきたいのが個人再生です。この処理の場合自分の家は残せますし破産のような職業の制限、資格制限等はかかりません。